Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://satoatlj.blog54.fc2.com/tb.php/2-131cf528

-件のトラックバック

-件のコメント

[C3] 遊びに来ました

実は何回かアクセスしていたんですけれど、すれ違っていたみたいでした。
お知らせを頂いて良かったです。

『面白くなさげなディズニーランド』・・・確かに行ってみたい気がします。(笑)日本のと何が違うんでしょうね。

飛行機のたびは散々だった様ですね。

私は飛行機での長旅をしたことが無いので何が無いと困るのか意外と勉強になりました。
PCが使えないのは最悪ですね・・・・。紙に書くわけいかないですものね。(T T)

大変な旅だったのはずなのに、さり気ない解説が面白くて又笑って読んでしまいました。

今度私のブログにトラックバックさせて頂きます。

又、遊びに来ます。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

マレーシア、そして再び香港へ

今回はマレーシアと香港へ出張、それでキャリアはマイフェイバリットのキャセイ航空。セントレアからの便はめずらしく満席に近く、通路側の席を確保するのに手間取った。でもマルコポーロクラブの会員なのと、本当に残念そうな顔をしたのが功を奏して(?)めでたく真ん中の席から通路側に変えてもらうことができた。利用しないときもあったけど、もう20年近くもつきあっているのから、そうでないと困る。香港空港で1時間半の待ち時間。外はもう真夏の空。


香港空港


ここ数年間の香港は中国本土からどっと観光客が押し寄せ、ホテルもレストランもショップもすべて中国の人たちの方に顔を向けて商売をしており、返還前の英国の名残がいろいろなところで見られ、西洋と東洋が絶妙に混ざり合った国際都市香港の姿はもう見られない。だから今後も日本人旅行者離れが続き、ますます香港の中国化が進み、その結果香港の魅力がどんどん失われていくと思う。でも、お金がすべての香港人にとってはお金を落としてくれる人たちが一番なんだろうから、さみしいけどこの流れはいくら香港観光協会が頑張っても変えられないと思う。セントレア(中部国際空港)を10時に発ってクアラルンプールへ着いたのが夜の6時半。


マレーシアの夕日


飛行中ちょっと気になったのがキャセイの設備。セントレア-香港間は古い機体で(でも中華航空よりははるかにましだけど。中華航空のセントレア-台北便は古すぎる。)テレビがリモコンで操作できないタイプ。また香港-クアラルンプールもリモコンはついているけど、プログラムを自分の好みでスタートさせることができないタイプ。シンガポール航空などは新しい自分でプログラムを選べるリモコンがついているので、好きな時に好きな映画がはじめから見ることができる。僕の記憶ではキャセイはかなり早くから、エコノミーの個々の座席の背面にTVを埋め込んだシステムを搭載したキャリアの一ではなかったか思うけど、今では他社にかなり先を越されているように思われる。2-3時間の飛行時間では別に気にしないけど、5時間以上では機内エンターテイメントの善し悪しがかなり重要になってくる。だからキャセイの設備の古さは本当に気になる。リモコンは最新のものと同じようなのがついているので、サーバーシステムをけちっているだけだとは思うけど。非常に残念。機内食が不味いのは、ずっと我慢してきてもう気にならなくなったけど、この点は早急に改善してほしい。マレーシアでの仕事もつつがなく終わり、ちょっとチャイナタウンでものぞいてみようかなと思ったが、熱帯特有の雷を伴った大雨が降り出したので、サーバーシステムがダウンしてメールもとれないホテルの部屋で時間のかかる資料作りをする。マレーシアへは社長も一緒で(キャリアはマレーシア航空の直行便で、帰りもそのまま日本だけど)当然同じホテルに宿泊している。彼もネットに接続できない不自由さを大いに恨んでいるに違いない。僕の仕事はコンピューターさえあればどこでもできるけど、インターネットに接続できないとアップデートされた情報が重要な時もあるので、非常に困る。「世界はどんどん進んでいくのに自分だけ取り残された気分になる。」と書くとちょっと大げさか。でも、世界でもっとも安い(じゃなかった、お値打ちな)5つ星ホテルの一つと言われるCrowne Plazaホテル!怒ったぞ今回は!


クラウンプラザホテル1   クラウンプラザホテル2


マレーシアを朝の9時40分に発って香港へ午後1時半に到着。TVのことでキャセイの悪口を書いたけど、今回マレーシアからは久しぶりにアップグレードしてもらってビジネスクラスでのフライトとなった。早速TVセットをためしてみたが、好きなプログラムは選べるが、操作説明で日本語が選択できない、映画などを初めから見られない、途中で止まってしまうと、もう散々な出来で、早朝で眠かったこともあり、朝食もスキップして寝てしまった。たった3時間あまりだからビジネスクラスのシートのありがたみはそれほど感じなかったが、エコノミーは満席なのに(だからアップグレードしてもらえたのだと思うけど)ビジネスはすいていたので、大嫌いな中央の列の真ん中の席だったけど両隣がいなかったので、ちょっとした王様気分は味わえた。でも意気揚々と香港空港に降りたって、入国審査も早めに出たけど、バゲージクレームまではビジネス扱いになってないので、延々と待たされてしまった。 2ヶ月ぶりの香港である。前回はあわただしい旅だったので、街歩きもほとんどできなかったが、今回は夜に時間があったので、USB接続のSkype電話を買いがてらチムサーチョイ(尖沙咀)からモンコック(旺角)まで久々の街歩きを楽しむことができた。香港もマレーシアと同じくらいむし暑いけど、第2のホームカントリーだからそれほど気にならない。というのはうそで1時間以上歩き回るとさすがに汗だくになる。モンコックへ行くといつも有名なオタクビルであるシノセンター(信和中心)へ行くのだが、前回行ったときは、違法コピーの取り締まりが一番厳しいときでほとんどの商店が閉まっており、「あぁここも終わったかなぁ。」と思ったが。今回はほとんどの店がしっかり営業していた。でもさすがにコピー商品を堂々と売っているところはなく、コネとワザを使わなければコピー商品の入手は難しい感じであった。


香港セントラル


香港2日目は仕事で友人と会ったが、打ち合わせ場所がハッピーバレーの香港ジョッキークラブだったので、携帯が使えず非常に不便だった。香港ジョッキークラブは以前は香港ロイヤルジョッキークラブと言って香港のお金持ちの社交の場であった。メンバーになるためには2人以上のメンバーの推薦と厳しい身元調査があるそうでなかなか普通の人は入れないクラブである。香港が中国へ返還されてからは名前から“ロイヤル”が抜けて香港ジョッキークラブとなった。平日のクラブの喫茶室やレストランは、リタイアした金持ちの休憩の場所といった感じで、平均年齢は勿論60歳以上。だから携帯を禁止してもまったく問題ないのだろう。何かあれば外で待機している召使いたちが知らせに来てくれるだろうから。昼食もジョッキークラブのレストランですます。あまりお腹がすいてなかったので、軽い飲茶にした。飲茶は香港のどこで食べても同じようなものだ。ジョッキークラブで違うのは器ぐらいと言ったら、クラブのシェフに失礼か。香港ジョッキークラブはハッピーバレーのほか、香港のもう一つの競馬場であるサーティン(沙田)にもあり、どちらも競馬場に面してレストランが設置されているから競馬シーズンになるとゆっくり食事を楽しみながら食事ができる。(勿論普通の人はメンバーと一緒でないと入れないけど)友人といろいろ話をした中で香港ディズニーランドの話が面白かった。香港ディズニーランドはオープン時こそ大勢の客がつめかけて大盛況だったが、今は中国からの観光客以外にはあまり人気がないそうで、香港島にあるオーシャンパーク(海洋公園)の方が盛況とのことである。オーシャンパークは香港ディズニーランドにお客を取られるのではないかとの懸念から拡張工事を行い以前よりはるかに大規模なものになったが、それが功を奏したのと、香港ディズニーランドがあまり大きくなく、期待したほど面白くなかったので、逆にこちらの方の人気が上がってしまったようで、中国からの観光客もまずオーシャンパークへ行って、時間があったら香港ディズニーランドへ行くというのが定番コースとのことである。友人の息子も香港ディズニーランドへ行ったが2-3時間で帰ってきてしまったとのことで、行った人のほとんどがもう2度と行かないと言っているそうである。東京ディズニーランドがその好例であるように、リピーターが生まれなければテーマパークは絶対成功しない。今香港ディズニーランドにとって、いかにリピーターを増やすかが現在の香港ディズニーランドにとって最大の問題に違いない。(でもこれほどこけにされるとちょっと行ってみたくなるけど。)友人との打ち合わせの後、香港ボートクラブへ寄ってもう一つのアポをこなしてからホテルへ戻る。2日目の夜は別の友人と食事をしたが、モンコックがつまらなかったので、サムスイポー(深水渉)へ行って、昔コピーPCソフトや怪しげなPCパーツを買った有名なゴールデンコンピューターセンター(高登電脳中心)をのぞくことにした。ここも様変わりをしていて、今や健全なPCパーツやゲームソフトを売っている店ばかりである(少なくとも表向きはそう見える)。その道にくわしい香港の友人と一緒に行けばまた違った面が見られたと思うけど、こちらも期待はずれだった。ここで夕食をとったのであるが、それが翌日悲劇を招くとはまったくわからなかった。店の前の香港の有名な映画会社ゴールデンハーベストの副社長にて食通のチャイ・ラン(蔡瀾)さんの写真に惹かれて入ったのが譚仔雲南米楾という雲南省の麺の専門店。


香港雲南麺屋1   香港雲南麺屋2


かなり込んでいてちょっと待たされたので、「これはひょっとして当たりかもしれない。」と期待したが、味はそれほどでもなく、僕の舌には麺もスープもちょっとあっさりし過ぎた。それでちょっと味を足そうと思ってきゅうりの拍子切りに醤油味で炒めたニンニクをどっさり盛ったサイドディッシュを注文したのだが、それが失敗だった。あとから考えると多分きゅうりを洗った水が悪かったのではないかと思うが、翌日からお腹の具合が悪くなり、這々の体での日本への帰国となってしまった。


僕は海外で、特に東南アジアでは、食べ物には極力気をつける方だが、久しぶりにやられてしまった。よく中級以下のホテルで氷にやられるのと同じケースである。でもこれが香港流の手荒い歓迎だったのかも。


でも最近香港へ行っても元気がもらえない気がする。気のせいかなぁ?






スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://satoatlj.blog54.fc2.com/tb.php/2-131cf528

0件のトラックバック

1件のコメント

[C3] 遊びに来ました

実は何回かアクセスしていたんですけれど、すれ違っていたみたいでした。
お知らせを頂いて良かったです。

『面白くなさげなディズニーランド』・・・確かに行ってみたい気がします。(笑)日本のと何が違うんでしょうね。

飛行機のたびは散々だった様ですね。

私は飛行機での長旅をしたことが無いので何が無いと困るのか意外と勉強になりました。
PCが使えないのは最悪ですね・・・・。紙に書くわけいかないですものね。(T T)

大変な旅だったのはずなのに、さり気ない解説が面白くて又笑って読んでしまいました。

今度私のブログにトラックバックさせて頂きます。

又、遊びに来ます。

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

SatoATLJ

Author:SatoATLJ
趣味は読書と映画鑑賞と音楽 でもかなり偏った好みで、映画は主に香港、台湾を中心とするアジア映画、音楽はトラディショナルバラッドを中心とするブリティッシュフォークに傾倒しています。でもたまには全然分野は違うけどドリームシアターやナンシー・グリフィスあたりを聞くこともあります。

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。