Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://satoatlj.blog54.fc2.com/tb.php/5-5e70f90d

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

エアエイジア航空

タイに滞在していた時にマレーシアで1泊2日の仕事があり、タイから直接マレーシアへ飛んだ。使ったキャリアは安いと評判とエアエイジア航空。マレーシアの航空会社である。予約はインターネットのみ。http://www.airasia.com/site/en/home.jsp(席が余っていれば空港でも買えるようだが、予約できるかは不明)安いときは片道839バーツ(約2700円)ぐらいで行けるが、今回はその安いレートの席が埋まっていて結局運賃が往復で約1万円、税金と燃油サーチャージともで約1万6千円だった。それでも十分安いと思う。タイで通常の格安航空券を買っても3万円ぐらいだから、約半値である。出発はスワナプーム新空港。チェックインの手続きは通常の航空会社と変わらない。変わっているのは全席フリーシートであることと、そのためチケットがレシートのような紙っきれだったこと。

エアアジアチケット 搭乗口 エアアジアB737-300

そしてゲートへ。でも今回は早すぎて係員すらいなかった。でも搭乗の5分ぐらい前になるとフリーシートなので、ゲートが開きそうになると、皆急いで並ぶ。今回のマレーシア行きの機体はボーイングB737-300であった。(帰りはエアバスA320)もちろんお古なので、外も中もそんなにきれいではないが、気になるほどではない。デルタ航空でもアメリカの国内線は似たようなものである。格安だけあって、サービスは何もない。おしぼりも出なければ、ドリンクや食事のサービスもない。それらは機内販売の形で提供される。価格も山の上より高い空中価格である。でもマレーシアまでなら2時間ぐらいなので、そんなサービスなどない方がいいこともあり、今回もゆっくり寝られた。エアエイジアの本国であるマレーシアへの到着は通常のクアラルンプール国際空港(お気に入りの空港の一つである)ではなく、LCCTと言って格安航空会社専用の空港である。今年の3月に開港したばかりというが、ほんとに質素な空港で、着陸後はタラップを降り、歩いて、これも簡素な作りの空港建物まで向かう。クアラルンプールからはかなり遠いがKLセントラルというクアラルンプール中央駅までRM9(約270円)のエアバスが運航しており、(というかそれ以外はタクシーしかない。)1時間20分ぐらいで中央駅まで運んでくれる。
翌日は仕事がクアラルンプール市内ではなく、ちょっと離れたところだったので、KLセントラルへ行ってバスを捕まえる時間がなく、そこからタクシーを使ったが、タクシーの運ちゃんが「遠い、遠い」と言ってなかなかLCCIまで行ってくれるドライバーを見つけられなかった。料金も”遠い”とのことでメーターではなく交渉。なんとRM70と言う。「高いなぁー」と思ったが、相手もこちらがタクシー以外空港へ行く手段がないことを知っているので負ける気配が一切ない。それで「まぁいいかー」と乗ったが、ほんとに遠かった。クアラルンプール国際空港を過ぎてもどんどん走って行く。後から調べたらそこから20km離れているようである。メールで送られてきた予約確認書には出発時刻前45分を1秒でも過ぎたらチェックインができないと書いてあったので、ドライバーに飛ばせ飛ばせと言うもなかなか飛ばそうとしない。おまけになんだか非常に暑い。ふとエアコンを見たら切ってあり、ドライバー側の窓が少し開いている。たぶん車がおんぼろなので、エアコンをつけると遅くなるのだろうと思っていたが、空港へ着く頃になって、ドライバーが「暑かったろう?」と言い出す。「どうしたのか?」と聞いたら、「遠いのでガソリンがなくなるのが心配でエアコンを切って走ってきた。」とのことであった。スピードが出なかったのも、スピードを出すとガソリンが早く減るからだったようである。そんなことで出発50分前になんとか空港へ着き、走ってチェックインカウンターへ向かった。もちろん誰も並んでいないのですぐチェックインでき、またイミグレーションもがらがらだった、空港へ着く前はかなりあせっていたけど、結局搭乗まで20分も待つこととなった。出発便の建物も簡素だったが、一応デューディーフリーショップやコーヒーショップもあった。雰囲気は、実際に見比べればかなり違うと思うが、台湾の台南空港や、南アフリカのヨハネスブルグのローカル空港の感じに似ていた。帰り便もタラップまで歩いて向かった。そして2時間後スワナプームに着いて今回のエアエイジア初体験は終わった。感想はエアアエイジア万歳である。ツアー旅行などでは機上でサービスを求めるのもやむを得ないかなと思うが、僕のような仕事中心の利用ではサービスを削っても料金を下げて貰った方がはるかにありがたい。安全面で信頼の置けるところならこのような新感覚の航空会社を今後はどんどん利用しようと思った。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://satoatlj.blog54.fc2.com/tb.php/5-5e70f90d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

プロフィール

SatoATLJ

Author:SatoATLJ
趣味は読書と映画鑑賞と音楽 でもかなり偏った好みで、映画は主に香港、台湾を中心とするアジア映画、音楽はトラディショナルバラッドを中心とするブリティッシュフォークに傾倒しています。でもたまには全然分野は違うけどドリームシアターやナンシー・グリフィスあたりを聞くこともあります。

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。