Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

知らなかった

香港へは通算で100回近く行っているが、キンバリーロードのすぐ北にこんなしゃれた路地があるのを初めて知った。

上海-南京高速鉄道

上海-南京高速鉄道1 上海-南京高速鉄道5

上海-南京高速鉄道に乗った。
車体はこれまでの和階号とそれほど変わった感じはしなかった。
さすがに速いけど、料金が倍近くする。
和階号はD列車と言って列車名の初めがDで始まるが、上海-南京高速鉄道はZで始まる。
上海への戻りには特等にも乗ってみた(と言うか自販機のボタンを急いでいて押し間違えただけだが)。
料金の差は12元(約160円)で、1等とあまり差がない。
しかし多少の期待を込めて乗ってみたところ、ただの先頭車両というだけ。隣の号車は2等車である。
幸い(?)にも一番前の席だった。
でも運転士を補佐するみたいな人が目の前に座って前の景色はほとんど見えない。
(写真はその人が座る前に撮ったもの)
後ろの席の人は立たないと全く見えない。後ろに乗った日本人の夫婦の奥さんが不平を言っていた。
「せっかく特等車に乗ったのに、これでは価値がない」と。
スペシャルサービスとして缶コーヒーが出てきたが、これなら1等の方がはるかに快適である。

上海-南京高速鉄道3 上海-南京高速鉄道4


北京のKFC

北京のKFC

北京で泊まった華都飯店というホテルの近くのKFC。カウンターの上の写真を見て、一番一般的なセットを注文したはずだったが...。出てきたチキンは中華風のチキンでKFCらしさはみじんもない。まわりのお客さんも同じようなチキンを当たり前のように食べている。メニュー、ロゴを何度も確認したが、なんちゃってKFCではなく、正規のKFCである。もちろん日本でも和風何とかチキンというメニューもあるので、これも一種のローカライズされたメニューかもしれないが、じゃあ、ごく普通のオリジナルチキンのセットってどうやって頼めばいいの?と中華風チキンをかじりながら、ずっと考えていた。

ソラニン

「ソラニン」を見に行った。
先日WOWOWで放送された「少年メリケンサップ」を見たが、ところどころ笑えるところもあって、つまらない映画ではなかったけど、僕には中年のロックバンドが再結成するという設定だったら、イギリス映画のビル・ナイが出ていた「Still Crazy」の方がもっと面白かったのでちょっと消化不良気味だった。
宮崎あおいには感心したけど。

still crazy

それで、消化不良を解消しようと勇んで見に行ったのだが....
「うーーーーん」これではねぇーーー
さわやかさを狙ったと思われるいろいろな場面が、これまでの日本映画の定番料理のイメージで処理されているので、こころに響くものがない。
花火の場面では「ソナチネ」を思い出してしまった。
映画の流れは、全体に単調で、それはいいのだけど、例えば韓国映画の名作「八月のクリスマス」のように、見た後でじわっと来るものがほしかった。
映画の後半、宮崎あおいが「ソラニン」という曲を演奏するクライマックスがあるのだが、ストレートに演奏すればよいものを回想シーンが挿入されたりして、盛り上がりに欠ける。
それが日本映画の特徴だよという人もいるかもしれないけど、期待が大きかっただけに自分的には「少年メリケンサップ」以上の不満を感じた。
決してひどい映画ではないし、宮崎あおいや近藤洋一もよいんだけどねぇーー。

ソラニン

フィラデルフィア

ニューヨークからアムトラックに乗って約1時間半、フィラデルフィアの30th ストリート駅に着きます。僕にとってのフィラデルフィアはテレビドラマ「コールドケース」の舞台の街です。ここでリリーやヴァレンズやベラが活躍します。(といってもほとんどの撮影はロサンゼルスとのことですが)
ですから街を歩くと見たようなところがいっぱいで、とても初めて来た街とは思えませんでした。街の中心部は治安も良い感じで、自転車を多く見かけます。これはこの街が学生の街でもあることも関係しているのかもしれません。

アムトラック フィラデルフィア1 フィラデルフィア2 
結構緑が多くニューヨークと比べて清潔な感じ

フィラデルフィア11 フィラデルフィア3 フィラデルフィア4 
市内の中心部は歩きでも十分に回れる

フィラデルフィア5 フィラデルフィア6 フィラデルフィア7 
街の中心の広場の噴水 晴天に吹き上げていた

フィラデルフィア8 フィラデルフィア9 Coldcase フィラデルフィア10
真ん中の写真の茶色のビルに絵が描かれている コールドケースのオープニングに出てくるビルである その右の写真の右側の薄緑に輝く2つ伸びるもオープニングに出てくる、というか多分フィラデルフィアでは有名なビルだと思う

Appendix

プロフィール

SatoATLJ

Author:SatoATLJ
趣味は読書と映画鑑賞と音楽 でもかなり偏った好みで、映画は主に香港、台湾を中心とするアジア映画、音楽はトラディショナルバラッドを中心とするブリティッシュフォークに傾倒しています。でもたまには全然分野は違うけどドリームシアターやナンシー・グリフィスあたりを聞くこともあります。

最近のトラックバック

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。